産後太りは食事で改善!無理なく食事を工夫して痩せる4つのコツ

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b

妊娠中に蓄えた脂肪が出産後も取れなくて困っている。
体重がかなり増えてしまった…。。

こう悩む人はかなり多く、ママの誰しもが通る道と言えるんじゃないでしょうか。

産後太りは運動や骨盤矯正などで改善!
そんな情報や実際に痩せた話などを聞きはしますが…

いざ自分も運動をして痩せよう!と思っても中々大変です。

もちろん普通にダイエットするのも大変ではありますが、産後は子育てがあるのでそう簡単にはいきません。
特にはじめての出産・育児を経験した人は「運動する気力」が残らないもんです。

かと言って無理に食事を制限するのは「母乳」のことなどを考えると心配だし…
結局なあなあになってしまい太ったまま。

これはあるあるです。
でも実はうまく食事を工夫すればある程度「産後太りを改善」することが出来るんです。

食事制限ではなく工夫することが大前提

まず頭に入れておいてほしい事があります。
それは見出しでも書いたように「食事を制限するのではなく工夫する」と言うこと。

育児をする上で自分(母親)が健康であることは必須要件です。

無理な食事の制限は母乳などに影響が出るだけでなく、育児をする体力さえも奪ってしまいます。

産後太り解消のために食事制限をするのは基本的にNG。
食べる量を極端に調節するのではなく、【栄養バランス・食べ方・時間・調理方法】を工夫することが重要になってくるのです。

食事を工夫することは運動をすることに比べれば「子育て中」に関しては行いやすいと思います。
一つ一つのポイントは今あなたがイメージしているよりも簡単で手間はかからないはず。

食事を工夫する上で重要なポイントを抑えておきましょう。

栄養バランスを考えた食事を考える

まず食事を工夫する上で最も重要なポイントが「栄養バランス」を考えた食事を心がけることです。

と言っても、栄養バランスを考えた食事ってなんだかめんどくさそう。
そう感じるかもしれません。

ですがそこまで深く考える必要はありません。
【和食中心の食事】にすることで多くの場合は改善へと向かいます。

和食は基本的にカロリーを抑えることが出来ます。
洋食や中華などは美味しいですが、どうしても高カロリーになってしまいます。

カロリーを抑えながら野菜が多く使用される和食は栄養バランスの面でも優れているので積極的に取り入れるべきです。

特に根菜類は食物繊維やその他栄養素が豊富で、美味しい母乳を作るためには欠かせない野菜です。
妊娠中は便秘にも陥りやすいので、便秘を軽減する食物繊維が豊富な根菜類はとっても重要。

また白米を玄米に変える。お肉を使う時は皮・脂身を取り除く。などの工夫をするほうが余分なカロリーを抑えることが出来るのでおすすめ。

一口30回は噛んで食べる事を習慣付ける

ゆっくり噛んで食べること。これはダイエットには欠かせないことですよね。
産後太りに限らず、食べ過ぎを防止することが出来るので意識をしておくべき。

詳しい説明はご無用かもしれませんが、ゆっくり噛むことで満腹中枢が刺激されます。
その為、食べ過ぎを防止できるということです。

産後しばらくは身体も栄養素を欲しがっているので、食事の量がかなり増えると思います。
私こんなに食べてたっけ…!?なんて驚く人もいるほどです。

もちろん無理に控えることはよくありません。
そこでゆっくり噛む事を意識しておけば食べ過ぎを抑えることが出来るので、余計な脂肪を寄せ付けなくすることが出来るんです!

簡単なことですが重要な事なんですよ。

食事の回数を1日4回に増やす

これだけ聞けば「ええッ!?」と思うかもしれませんね。
正確には1回あたりの量を減らして、回数を増やすということです。

今まで1日3食ガッツリ食べていたものを→1日4食控えめに食べるようにしましょう。

1日に摂取しているカロリーに大きな違いはありませんが、こうすることで脂肪の吸収を抑えることが出来ます。
小分けにして食べると、胃や腸の負担を減らし空腹の時間を作らないことができます。

空腹状態では食事量が増えがちになるだけでなく、吸収率もグンと高まってしまいます。

食事の度に身体はカロリーを消費してくれるのでダイエット効果も高まるのです。

揚げていたものを茹でる!そんな工夫が効果抜群!

今回紹介した中では一番手間がかかる部類になるかもしれません。
ですが、調理方法を工夫することで効果はあるんです。

塩分や糖分の使用を抑えたり調味料の工夫も欠かせませんが、調理法に一手間加えてみることも大切。

例えば…

今まで揚げていた物を茹でる・蒸すなどに変更するだけで油分をカットできます。

そんな一手間だけでも繰り返していれば大きな変化へと繋がります!

特にオススメは「蒸す」ことです。
茹でるのも良いのですが、茹でた際に栄養素が逃げてしまいがち。

せっかくの栄養素が薄れてしまうので揚げる・茹でるよりも「蒸す」が一番おすすめです!

食事の工夫だけで産後太りを抑える事は出来る

  • 和食中心の食生活
  • よく噛んで食べる
  • 1日4回の食事にする
  • 調理方法を見直す

たったこれだけの工夫で産後太りを軽減することは可能なんです。
忙しい育児の合間に運動やトレーニングをすることは難しい…そう感じる人にはこの食事の工夫がおすすめです。

もちろん人によってはこれも手間だ!と感じる人もいるかとは思います。
それでも出来ることだけでも工夫することで多少の違いを感じることが出来るかもしれません。

育児中のダイエットは自分だけでなく、子供にも悪影響が生まれてしまうので特に注意が必要。
無理な食事制限や断食などは絶対にしてはいけません。

だからこそ簡単な食事の工夫が重要になってくるんですよね。
大幅な体重減は望めないかもしれませんが、じっくりゆっくり痩せることは可能。

産後はあせらずにゆっくりじっくり健康的に痩せることが好ましいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です