産後太りは基礎代謝量の低下が原因!骨盤のゆがみだけにとらわれないで!

産後太りと基礎代謝

産後に太ってしまったと感じる方はほぼ100%じゃないでしょうか?それだけ産後は太ってしまいやすく、ある程度は仕方のないことです…。

産後ダイエットなどに取り組む人も多いとは思います。そこで真っ先に上がるのが骨盤矯正の話。

骨盤がゆがんでいるから太るらしいよ!だから出産でゆがんだ骨盤を治すことで痩せるらしい!そんな話を聞いて早速骨盤矯正ベルトを購入する人も多いでしょう。

はい…私もそんな一人でした…(苦笑)

もちろん骨盤のゆがみが産後太りの原因でもあるようですが、そもそもは基礎代謝量の低下が太りやすくなっている原因だそうです。なので産後ダイエットにこれから取り組む人は「基礎代謝量の低下」と言うことを頭に入れておかないとダメなんだとか。

産後ダイエットに失敗しないためにも抑えておくべきポイントをまとめてみました。

産後に基礎代謝量の低下する理由は主に3つ

 

「産後、痩せにくくなった」と感じる人、たくさんいると思います。実際、妊娠前と比べると、痩せにくく太りやすくなってしまった人がたくさんいるようです。

産後になかなか痩せない大きな原因は、『基礎代謝量の低下』にあります。

基礎代謝とは何もしなくても、消費するエネルギーのこと。

基礎代謝が良ければ、何もしていなくても、寝ている間でもたくさんのエネルギーを消費します。要するに痩せやすいのです。逆に、基礎代謝が悪ければ、エネルギーの消費が悪くなり脂肪が燃焼されにくくなります。要するに太りやすくなるのです。

産後の基礎代謝量の低下の理由は、主に3つあります。

  1. 妊娠中の運動不足で筋力が低下している
  2. 産後、骨盤がゆがんだまま
  3. 睡眠不足

産後の基礎代謝量の低下は、妊娠前と産後で環境が大きく変わってしまうので、仕方のないことなんです。この3つの理由も避けては通れないですよね。

産後は、骨盤矯正がまず第一ですが、体重を減らすことだけを考えるのではなく、基礎代謝量を上げることからダイエットを始めましょう。そうすることで、ダイエットがスムーズに進みますよ。

骨盤のゆがみで基礎代謝量も低下する

 

産後といえば、骨盤がゆがむから骨盤矯正が必要!とよく聞きます。

その理由の一つに、骨盤がゆがむと太る。ということがあります。

  • どうして骨盤がゆがむと、太るのでしょうか?
  • どうして骨盤がゆがんでいるだけで太るのでしょうか?

骨盤が元の正常な位置に戻らないと、骨盤周辺の血流が悪くなります。血流が悪くなると、脂肪が燃焼されにくくなってしまい、太りやすくなってしまいます。

産後なかなか痩せない人は、骨盤がゆがんでいるのが原因ですね。

骨盤のゆがみでも基礎代謝量は、低下してしまうんですよ。要するに、骨盤がゆがんでいて、基礎代謝量が低下し太りやすくなっているのが原因。

産後の骨盤矯正は、本当に重要です。
忘れずにおこなってくださいね。

しっかり骨盤矯正をおこなうと、骨盤が正しい位置に戻ります。内臓も正しい位置に戻るので、栄養素の吸収も良くなります。また、血行が良くなるので、基礎代謝量も上がり、痩せやすい体質になるのです。

  • 骨盤がゆがんでいる=基礎代謝量の低下
  • 骨盤が正常な位置にある=基礎代謝量が上がる

骨盤矯正をすると、自然と基礎代謝量が上がっていきます。痩せやすい体質に変える為にも、基礎代謝量を上げる骨盤矯正を必ずしてくださいね!

筋肉量の低下は基礎代謝の低下を招く

 

妊娠中は、つわりや大きなお腹で身体を動かすのも億劫になりますよね。「重い荷物は持たないで!」なんて言われますし。激しい運動なんて絶対ダメ!!!

妊娠中は、運動量が減り運動不足に。。。すべて赤ちゃんの為にも、仕方がないことなんですよね。

運動不足になると、自然と筋肉量も低下してしまいます。筋肉量の低下は、基礎代謝の低下も招いてしまうんですよ。

どうして、筋肉量が低下すると基礎代謝も低下してしまうのでしょうか?

実は基礎代謝の内、約40%が筋肉で消費されています。これは1日に消費される全体の20%~30%が筋肉に消費されているということです。

筋肉量が低下すると消費される量も減ります。妊娠中は、筋肉量が低下するので基礎代謝も低下し太りやすくなるんです。逆に筋肉を鍛え、筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がります。

筋肉が基礎代謝で消費するエネルギーの多くが脂肪です。つまり、筋肉量が増えると脂肪の燃える量も比例して多くなるということです。太りにくい身体になるんですよ。

筋肉量を増やせば、基礎代謝が上がり勝手に脂肪を燃焼してくれるんですよ。

睡眠不足や生活環境の変化も基礎代謝量の低下を招く立派な原因

 

産後は、頻回授乳で赤ちゃんは三時間起きに起きたりするので、なかなかまとまった睡眠が取れません。妊娠前に比べると、睡眠時間が極端に減ってしまいます。

慣れない育児や大きく変わった環境にストレスも溜まってしまいます。

ストレスを発散したくても簡単にできないんですよね。睡眠不足解消やストレス発散はなかなか難しいかもしれませんが、睡眠不足やストレスも基礎代謝量の低下を招いてしまうんです。

睡眠はとても大事!

寝ているときは、成長ホルモンを出したりタンパク質を作っています。

良い眠りにつけると良いタンパク質を作ってくれます。良いタンパク質とは筋肉のこと。眠っている間でも、筋肉は作られるんですよ。もちろん、筋肉量が増えると基礎代謝量も増えます。

なかなかまとまった睡眠を取ることは難しいとは思いますが、眠れるうちに寝て筋肉量を増やしましょう。

他にも、身体の冷えも基礎代謝量を低下させてしまいますよ。体温が下がると基礎代謝量が低下します。体温を1℃上げると基礎代謝が13%上がると言われています。

身体を冷やさないように、温かい飲み物や食べ物で身体を温めるようにしましょう。普段の生活の中にも、基礎代謝量が低下する原因がいくつかあるんですよね。

産後に太るのは基礎代謝の低下のせい!だからこそ改善をして痩せる

 

産後、基礎代謝量が低下してしまうのは、仕方がないことなんですよね。基礎代謝量が低下しない人はいません。残念ながら、産後は自然と太りやすい体質になってしまうんです。。。

骨盤矯正も大事なのはもちろんなんですが、産後太ってしまうのは、結局は基礎代謝量の低下が原因なんですよね。

基礎代謝量を上げないと、どうにもこうにもなりません。

産後ダイエットを成功させるキーは、基礎代謝量をあげること。

「痩せたい!細くなりたい!」と誰もが思うことですが、まずそれは置いておいて、とりあえずは基礎代謝量を上げることに重点を置きましょう。

基礎代謝量を上げろと言われても、何をすればいいかわかりませんよね。しかし、日常のちょっとしたことでも基礎代謝量は上げることができますよ。

運動量を増やす為にも、ベビーカーで散歩をしたり、腹筋を鍛えてみたり、寝れるときに寝たり、身体を冷やさず温めたり。

何もしなくても消費されるなんて、素晴らしい代謝を放っておくなんてもったいない!むしろ太りやすくしてるなんて最悪です。。。

基礎代謝量を上げることに、注目して自然と痩せていく体質作りをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です