産後のお腹を引き締める簡単な5つの方法

産後のお腹引き締め

産後のお腹のたるみによる悩みは主婦にはあるある。

とはいえ育児が落ち着くまではエクササイズなどに通うことは到底出来ません…

そこで自宅でも簡単に出来るお腹引き締め法があれば助かりますよね。

お腹のたるみはいくつかの原因から生まれているので、その原因を解消しつつお腹のたるみを解消して引き締めましょう。

1.出産後すぐに始めたい骨盤矯正ベルト

出産時は、骨盤が開きます。

産後、開いた骨盤をそのまま放っておくと、産後太りになり大変なことなる!と聞いたことがありますか?

出産時に開いた骨盤は、産後約半年ほどかけて元の位置に戻りながら閉じていきます。一度開いてしまった骨盤は、きちんと元の位置には戻りにくくなっています。

産後、赤ちゃんがいたお腹は皮膚が伸びてたるんでしまいます。

出産によって骨盤は歪んでしまうし、開いた骨盤を放っておくと内臓も骨盤の中に落ちて、骨盤にお腹周りに余分な脂肪がついてしまいます。そして下半身太りに。。。

それを防ぐのが骨盤ベルト。

骨盤ベルトは種類にもよりますが、出産後すぐに使えるものもあります。基本的には『産後2~6ヶ月』までに骨盤矯正を行うのがオススメです!

産後1ヶ月は、悪露が出るなどまだまだ出産の影響が残っています。

無理に骨盤矯正をしてしまうと体調が悪化してしまう可能性もあるので、焦らず様子を見てくださいね。

骨盤が正しい位置に戻ると、内臓も正常な位置に戻ります。血行が良くなり、基礎代謝も上がり痩せやすくなりますよ。

骨盤ベルトは、あらかじめ産前に用意しておくといいでしょう。

2.自宅では常につま先立ちを意識して体幹を鍛える

産後は骨盤が開いている為、どうしてもお腹や下半身に脂肪がつきやすくなります。

骨盤ベルトも効果的ですが、それと合わせてなんとなくの軽い運動もいいんですよ。

もちろん産後は無理は禁物です。

運動も先生の許可が出るまでしないほうがいいでしょう。自己判断でしてしまうと、体調が悪化してしまう可能性もありますよ。

体型を戻す為に必死になってしまう気持ちも分かります。特にお腹はだるんだるんになっているので不安になりますよね。でも産後1ヶ月は焦らずに産後ダイエットの計画を練るくらいにしておきましょう。

まずは簡単ないつでもどこでもできることから始めていきましょう!

普段の生活でも今すぐにできる《つま先立ち》がオススメです。

つま先立ちの注意点

  • 両足のかかとをくっつける
  • 膝の後ろをしっかり伸ばす
  • お腹を凹ませる

お腹を凹ませるともっと効果的です。

つま先立ちするのと同時にお尻の穴を締めると、妊娠で衰えていた骨盤底筋が鍛えられ、尿漏れなども改善されますよ。ヒップアップにも期待できます。

料理中、お皿洗い中、歯磨き中など時間も取らず、何かをしながらできる簡単なちょっとした運動です。

慣れないうちは、危険なので赤ちゃんを抱いたままするのは止めておきましょうね。

3.少し手が空いた時にはストレッチで改善

骨盤の歪みは、下半身太りだけでなく肩こりや腰痛、便秘などにも影響があるということをご存知ですか?

骨盤が歪んでいると良いことはないのです。

骨盤矯正は、ストレッチでもできますよ。ストレッチは自宅で簡単にできるので、産後のママにはオススメです。

ストレッチをいくつか紹介します。

骨盤の歪みを整えるストレッチ

  1. 仰向けに寝る
  2. 足底を床につけたまま両膝を90度に曲げる
  3. 両腕は手のひらを下にして体の横に
  4. 深呼吸しながら、約3分間両膝を左右交互に床に着くまで倒す

腰痛防止!骨盤回し

  1. つま先はまっすぐ前に向け、両足を肩幅に広げて立ち、手は腰に
  2. 上半身は動かさず、腰だけ回す
  3. 左右30回ずつ

骨盤底筋ストレッチ

  1. 立ったまま、膝でクッションやタオル挟む
  2. つま先は90度、かかとをつけ、クッションを押しつぶすように
  3. 5秒かけて屈伸する(30回)

など、手が空いたときにできる簡単なストレッチばかり。

ストレッチは1回や1日やっただけでは、もちろん効果はありません。毎日少しずつ続けて、骨盤を正常な位置に戻しましょうね!

4.ボディケアも引き締めに重要!

妊婦さんや産後のママさんは「産後6ヶ月が勝負!」という言葉良く聞くと思います。

体型を戻しやすいのが、産後6ヶ月まで。たるんだお腹も産後6ヶ月までに戻したいですよね。

骨盤ベルトなどと併用して、行ってほしいのがボディケア。産後は想像以上にお肌がボロボロです。クリームを塗ってケアしてあげることが重要となってきます。

お腹のたるみには、お肌を元の状態に戻りやすいようにしてあげることが一番です。産後にクリームを塗った方がいい理由は、お肌を保湿して調子を整えることができるからですよ。

産後から始めてもいいのですが、産前から始めておくことをオススメします。妊娠中に保湿クリームを塗っておくと、妊娠線の防止にもなります。

クリームを塗っていると妊娠線は絶対にできない!とは言い切れませんけどね。

でも、塗らないより塗った方がいい!

敏感肌になりがちなお肌をやわらかく保つことができるので、産後にもメリットがあります。

保湿クリームを塗りながらマッサージをするともっと効果的!マッサージをして血行促進、リンパの流れを良くして脂肪燃焼しやすい状態にしましょう。

クリームを塗ることが面倒な方も多いと思いますが、するとしないとでは全然違いますよ。

5.エクササイズ系はこ豆に行う!

やっぱり妊娠中はどうしても体重が増加し、体型も変わってしまいます。産後すぐ、ダイエットをしたい気持ちもすごくわかりますが、ちょっと待って!

産後1ヶ月、病院の先生から許可をもらってから体調が良いときに軽く運動を始めましょう。

まずは簡単なエクササイズから始めていきましょう。

ポッコリお腹を解消するエクササイズ

  1. 壁にお尻と背中をくっつけて立つ
  2. 肩幅に足を開き、膝を曲げ伸ばしする

10回~30回を朝と夜に。下腹に効きますよ。

足上げ腹筋でお腹を引き締める

  1. イスに膝を曲げた状態で足をのせる
  2. そのまま腹筋する

※首で持ち上げないように腹筋を意識してすること。

もちろん、赤ちゃんを抱っこしたままできるエクササイズもありますよ。

赤ちゃんの寝かしつけで抱っこしながら、左右に揺れるときがあると思います。腕を揺らすのではなく、左右に腰をひねりながらゆらゆら寝かしつけましょう。ウエストに効果的です。

抱っこしながらスクワットもオススメ。

スクワットすると、意外と赤ちゃんも寝てくれますよ。

なかなかエクササイズをする時間を作るのが難しいかと思いますが、赤ちゃんを抱っこしたままでもできるからものもあるので、是非ながらエクササイズをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です