産後ダイエットに失敗した人が「やっておけば良かった・・・」と後悔している事ランキング

産後に公開したこと

「産後になかなか痩せない・・・」「産後は痩せにくい・・・」と悩む人は多いと思います。私もその1人ですから、気持ちは痛いほどわかります。

そして、そう思うと同時に、「なぜあの時・・・」という風に産後すぐの生活や意識に対して後悔念が出てきます。

産後ダイエットが上手くいっていない人は”あるある”かと。

そんな産後ダイエットに失敗した人の「あぁ、こうやっておけば良かった・・・」と後悔した事をランキング形式で紹介したいと思います。

もうすぐ出産の人、出産して間もない人はぜひ参考にしてください。

1.骨盤ベルトをしなかったことを後悔している人は圧倒的に多い

産後ダイエットといえば、骨盤矯正!骨盤矯正といえば【骨盤ベルト】の着用ですよね。

産後すぐに骨盤矯正をする人が多い反面、なにもしない人もたくさんいるんです。骨盤ベルトをせずに後悔してしまった人もたくさんいますよ。

骨盤ベルトをしなかった人は、以下のようなことで悩んでいるようです。

  • 腰痛
  • 尿漏れ
  • ぽっこりお腹
  • 基礎代謝の低下
  • 太りやすくなる

グラグラな骨盤で育児をしていると、腰の負担が非常に大きくなり、腰痛に繋がります。そして、腰を痛めやすくなってしまいます。

また、骨盤が妊娠前の元の位置に戻らない状態が続くと、骨盤周辺の血流が悪くなります。血流が悪くなると脂肪燃焼がうまくいかなくなります。こうして太りやすくなってしまうのです。

妊娠中も腰痛や、尿漏れ、基礎代謝の低下など悩みはたくさんあります。

出産すると自然とそれらの悩みも解消されるだろうと思っていた人もたくさんいると思います。しかし、骨盤が開いたままだとその悩みも解消されるどころか悪化してしまうんですよね。

これに気付いたときにはもう遅い。。。
なので後悔してしまう人が多いのです。

骨盤は、時間がたつほど戻りにくくなります。

産後すぐに矯正を始めることで元の位置に戻すことが可能です。

骨盤が元の位置に戻れば、血流も良くなり、基礎代謝もUPし、体調も妊娠前に戻りやすく体型の戻りもスムーズになります。

産後ダイエットには、骨板矯正は絶対に必要なのです!

積極的に外出すればよかったと後悔する人も…

赤ちゃんがいると、なかなか外出しなくなってしまいますよね。

  • 「外に出ると大変!」
  • 「授乳やおむつ替えがあるし。。。」
  • 「外に出てわざわざ疲れたくない」

外出するよりも家にいた方が楽~!
というのが本音。

そんな人が多いなか、積極的に外出している人は産後ダイエットに成功しているんですよ。だから「もっと外出すればよかったー」と後悔している人も多いんです。

外出のメリットとはなんでしょうか?

確かに、産後は育児に追われ、家事もこなさないといけないし。本当に大変です。疲れます。

赤ちゃんを連れて外出なんて考えたくない!という人もいると思います。

街に出ろとは言いません。
ちょっとした散歩でいいんですよ。

ベビーカーに赤ちゃんを乗せて近所を散歩。これだけで運動になります。赤ちゃんも日光浴ができますしね。

それに、家にこもって育児をしていると相当ストレスが溜まるでしょう。ストレス発散の為にも外に出て、外の空気を吸ってリフレッシュしましょう。

産後はなかなか思うように運動ができないと思います。

そんなときに良いのが散歩なんですよ。天気の良い日は積極的に出かけるようにしましょう。

ヨガ・ホットヨガや骨盤矯正エステをやっていればよかった!

女優さんやモデルさんは、子供を産んだ体とは思えないほど、細くて綺麗なスタイルをキープされていますよね?

そんな芸能人からよく聞く産後ダイエットの方法が「ヨガ・ホットヨガ」「骨盤矯正エステ」ですよね。

「ヨガやホットヨガ、骨盤矯正エステをするとあんなに綺麗なスタイルになるの!?」と疑問に思いますが、実際は育児や家事に追われる毎日でスタジオに通う時間なんてありません。

その間赤ちゃんは誰が見るの?
という問題が出てきます。

預けることができたら一番いいんですけど、そうも簡単にはいかないですよね。でも、産後スタジオに通っておけばよかったかなーと私は少し後悔しました。

というのも、ヨガやホットヨガ、骨盤矯正エステには、骨盤矯正プログラムなどがあるので産後ダイエットにはピッタリなんですよ。

骨盤矯正もできるし、良い汗も流せてリフレッシュできる、内側の筋肉を鍛えるので脂肪燃焼を期待できる、姿勢が良くなる、など良いこと尽くしなんです。

私も時間さえあればホットヨガに通いたかったなって思います。

育児でも多少はカロリーを消費できますが、まだまだ物足りません。ヨガやホットヨガ、骨盤矯正エステをして、筋力を付け脂肪燃焼することが重要です。

筋力が付けられるという所がポイントですよ。

なかなか筋トレはできないと思うので…ヨガやホットヨガ、骨盤矯正エステで妊娠中に衰えてしまった筋力をアップしましょう!

痩せやすい体になりますよ。

完全母乳で授乳することを心がけるべきだった!

「母乳をあげているだけで何もしていないのに痩せた」という話はよく聞きますよね。そんな楽に痩せる話なんてそうありません。

出産後、みんながみんなすぐ母乳がたくさん出るわけではありません。なかには、羨ましいほどたくさん出るママもいらっしゃいますが、、、

母乳を出すには、結構根気がいります

赤ちゃんも初めてだから上手く乳首を吸えないし、もちろんママも初めての授乳なので下手です。

それで母乳育児を諦めてしまったママも多いと思います。

母乳は血液でできているため、母乳がたくさん出るとママのカロリーをたくさん消費できるんですよ。

しかし、最初から母乳がポタポタ垂れるほど出るママもいれば、出したくてもなかなか出ないママもいます。

そんなときには以下の4つを試してみましょう。

1.授乳の回数を増やす

病院でも何回も言われると思いますが、飲ませる回数を増やすことで、母乳は増えていきますよ。

2.水分をたくさん摂る

母乳の8割以上は水分です。

水分は血液の流れを良くしてくれるので積極的に摂るようにしましょうね。

3.よく寝る

母乳は寝ているときに作られます。
だから、睡眠不足ではNG。

なかなかまとまった睡眠は取れないかと思いますが、赤ちゃんが寝たとき一緒に眠る時間を作ったりしましょう。

4.おっぱいマッサージをする

マッサージをすると、血液の循環がよくなってかなり母乳が出やすくなります。

  1. 胸の両脇を両手を使って支えるようにする
  2. 親指を胸の脇につけ、胸をはり、ひじを後ろに引く感じにする
  3. 右の乳房を両手で上下に包むように、【上右下左】の方向にマッサージする。

母乳は赤ちゃんの為にもなるし、ママの産後ダイエットにもなるので、できるだけ母乳で頑張りたいですね。

そもそも妊娠中に太りすぎてしまった!

昔は妊娠すると、「二人分食べないと!」「赤ちゃんの分もお母さんがしっかり栄養を摂らないと!」など言われたものです。

今では、体重管理が厳しい産院も多いと聞きます。

実際に、私もそこまで厳しくはないですが、注意されたこともあります。

痩せすぎもダメだし太りすぎもダメ。ちょうどいい感じで出産したいのですが、そうもいきません。

妊娠後期になると、一気に体重が増えてしまいます。

それを知らずに妊娠後期までに、体重が増え過ぎてしまっていたら。体重が恐ろしいことになります。

体重は気を付けてはいるものの、想像以上に簡単に増えてしまいます。産後以上に妊娠中は体重管理はしっかりやらないといけません。

妊娠中は、食べたものは食べただけ脂肪としてつくので体重管理をする為にも、食べたいものは我慢したりしていました。その反動で出産後は、妊娠中に我慢していたものをたくさん食べてしまったんですよね。

幸い、乳腺炎(母乳が乳腺に詰まって炎症を起こす)にはならなかったので甘いものも食べていました。

いまとなっては、これも後悔しています。

妊娠中も授乳中もすごくお腹が空きます。
四六時中お腹が空いています。

私のように我慢できなかった人は、後悔しているでしょう。我慢をするのも大事ですが、それ以外に食べる物に工夫をすればいいのですよ。

できるだけヘルシーなものを摂るようにしましょう。和食が一番ですよ。

産後ダイエットも大事ですが、妊娠中から体重は気を付けないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です